こんばんは、わーでぃーです。

先日、ディディエールの産卵セットを組みました。

クワプラで購入した レイシ材 植菌カワラ材 ナラ材 をそれぞれ1本ずつです。
DSC_063821.jpg
撮影後、♂の顎は縛りました。

ちなみにタイトルの「ででえーるすかくわがた」ですが、青森の虫友と雑談している時に訛りの話題になり、「
ディディエールシカクワガタって青森で言うとどうなるの?」と聞いた返答がこれでした。
腹筋死にましたよ、はい(笑)
前回、産卵は確認できていた自己採集血統のヤエマルですが、
この時期になっても幼虫の姿が一向に見えないので軽くほじって確認してみました。

32420.jpg
無事、2令になった姿を確認できました。

ただ、思っていたよりも数は少なそうですね。
色々なマットを試したい意味でも、50頭は確保したいのですが・・・。

それはともかく、このステージまで育っていればまず落ちることは無さそうなので安心できそうです。
今回の誕プレは2種類も貰っちゃいました。

DSC_0036.jpg
カワノシカです

DSC_0034.jpg
うむ

DSC_0035.jpg
かっこいい(小並感)

こやつも寝かせておきます。

では。
どうもお久しぶりです、わーでぃーです。

中々まとまった時間がなくて更新できていません、さーせん(´・ω・`)

某採集記はまだまだ掛かりそうですが、箇条書きの下書きは書き終わっているので忘れちゃったとかそういうオチはありません、安心して下さいという先延ばしの口実

そんな生存報告がてら、ちょっと前に虫友さんからちょっと早い誕プレが届いたので、その紹介でもしようかな~と。
書かないとなんか言われそうってのもある

DSC_0039.jpg
ってわけで頂いちゃいました、ディディエールです

DSC_0040.jpg
かっこいい(小並感)

まだ未後食なので寝かせておきます。
自己採集、伊平屋産のルイスツノヒョウタンを割り出しました。
タンパク系の餌は特別に与えず、プロゼリーのみで管理していましたが果たして・・・?

結果

935.jpg
14頭の幼虫が得られました。

自己ブリードする分には十分ですね。

936.jpg
話に聞いていた通り、異様に細長い体型をしています。

親虫も五体満足で全員生存していたので、特別ににタンパク系の餌を与えなくても大丈夫そうですね。

あと、縦に割った材を何本かまとめて入れておいたのですが、材からは幼虫が出てこず、全てマットから出てきました。
今度産卵セットを組む時はマットのみでも良さそうですね。